私たちの身の回りには、
普段何気なく使っている物から、絵画に至るまで様々な色が溢れています。
私たち大日本塗料が「色」のプロフェッショナルとして
「色」についての色々なお話をご紹介いたします。
5 ○○○心と秋の空。さて、○○○って何でしょう?
それは、晴れていたのに急に暗雲立ちこめ雨が降り出したり、ころころ変わる秋のお天気。
では、答えあわせとまいりましょう。

答えは『おとこ(男)』です。

あれ?と思った方が多いのでは?
そう、「女心と秋の空」はよく知られていますよね。
でも広辞苑には掲載されていないんです。
その代わりに堂々と載っているのが「男心と秋の空」。

実はこの「男心と秋の空」のルーツは、今から600年ほど前にさかのぼります。
室町時代の狂言「墨塗」に「男心と秋の空は一夜にして七度変わる」!
の台詞があり、そこから民衆に広まったそうです。

じゃあ、「女心―」は何?というわけで、さっそく調べてみました。
“A woman's mind and winter wind change often.”
「女心と冬の風」。これはイギリスで伝えられていることわざです。
イギリスの冬の風は強くなったり、弱くなったり変わり易いんですね。
「女心と秋の空」は、東洋と西洋のミックスということになるんでしょうか?

そんな秋の天気が変りやすい訳は、大気の状態が不安定なため、 移動性高気圧が日本の上空にある時だけスカッと晴れ、 移動してしまうとすぐ天気が崩れるという具合。
だから「秋晴れ・日本晴れ」という言葉が生まれたんでしょうね。
では、皆様もクルクル変わる男(女)心と秋のお天気には、十分ご注意を♪
バックナンバー 
8
世界最古の洞窟壁画の塗料
7
色はおいしい!
6
夏には緑、秋には赤くなったり黄色く なったりするもの
5
○○○心と秋の空
4
「いずれがアヤメか…?」
3
建物の色
2
雛祭り
1
「12月」と「色」の不思議な関係
お問い合わせ先
大日本塗料株式会社

大阪市此花区西九条6ー1ー124
東京都大田区蒲田5ー13ー23(TOKYO REIT 蒲田ビル8F)
電話 フリーダイヤル 0120-95-8616(ハローいろ)〔ハロービューシステムズ事務局〕