私たちの身の回りには、
普段何気なく使っている物から、絵画に至るまで様々な色が溢れています。
私たち大日本塗料が「色」のプロフェッショナルとして
「色」についての色々なお話をご紹介いたします。
4 「いずれがアヤメか…?」
5月5日はこどもの日、端午の節句。

端午というのは、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、5月に限ったものでは ありませんでした。しかし、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことになったとも伝えられます。
日本では田植えの時期の重なるためにヨモギの葉や菖蒲を使った「皐月忌み」といわれる田んぼの厄払いのお祭りがその始まりといわれています。
男子の節句に変わったのは武士が台頭してからのこと。お祭りで使う「菖蒲」が武芸を尊ぶという意味の「尚武(しょうぶ)」にかけられてのことです。

ところで菖蒲(しょうぶ)と花菖蒲(アヤメ)は似て非なるものだってご存じですか?
五月の節句(菖蒲湯)に使われている菖蒲は花菖蒲(アヤメ科)ではありません。これは、サ トイモ科の植物で、葉と茎に独特の香りがあります。葉や花の形がよく似ていることから名前も似るわけですが、アヤメ科の花菖蒲やアヤメ、カキツバタ、黄色菖蒲などとは全く別種のものなんですって。

「いずれがあやめか、かきつばた」と言われるように、昔の人が見ても、やっぱりどれがどれだか分からなかったんですね。
菖蒲湯をする際は、アヤメ科ではなく、サトイモ科の菖蒲で。
一年間、無病息災で健康に過ごしましょう!
バックナンバー 
8
世界最古の洞窟壁画の塗料
7
色はおいしい!
6
夏には緑、秋には赤くなったり黄色く なったりするもの
5
○○○心と秋の空
4
「いずれがアヤメか…?」
3
建物の色
2
雛祭り
1
「12月」と「色」の不思議な関係
お問い合わせ先
大日本塗料株式会社

大阪市此花区西九条6ー1ー124
東京都大田区蒲田5ー13ー23(TOKYO REIT 蒲田ビル8F)
電話 フリーダイヤル 0120-95-8616(ハローいろ)〔ハロービューシステムズ事務局〕